開催アーカイブ

12月16日「ウェブ会議 in 青森」が開催されます

「ウェブ会議 in 青森」は無事終了しました。参加されたみなさん、おつかれさまでした。ありがとうございました。

関連ツイートは、togetterにまとめています。

→「ウェブ会議 in 青森」をトゥギャりました。 http://togetter.com/li/79955


12月のWDHAは、スタッフが12月16日に開催される「ウェブ会議 in 青森」のお手伝いに注力するため自習(お休み)にします。楽しみにしてたみなさん、ゴメンナサイ。

「ウェブ会議 in 青森」にも是非ご参加ください。

wkaomr.png

情報アーキテクチャ(IA)で実現する「ウェブサイト最適化」

ウェブサイト構築プロセスにおいて、情報アーキテクチャ(Information Architecture:IA)の設計工程に高い注目が集まっています。情報アーキテクチャとは、情報提供側の「伝えたい情報」と、利用側の「辿り着きたい情報」を合致させる仕事です。情報の構造を最適化することで、情報提供者と利用者の双方に利益をもたらします。多くのウェブサイトが現在、情報アーキテクチャ設計を見直すことによって顕著な効果を発揮し目的を達成しています。
今回のウェブ会議では「ウェブサイト最適化」をテーマに掲げ、サイトが目的を達成するために、なぜ情報アーキテクチャが重要なのかを皆さんと共に考えます。

お申し込みフォーム

プログラム

サイト構築の根拠はユーザーテストにあり

写真:森川 眞行ウェブサイトを利用してもらうには「情報アーキテクチャ」を理解し、サイトを使いやすくするための継続的なリニューアルが必要です。しかし、その前にそもそも、それぞれのサイトで、利用者(お客さま)がどのような状態でページを見ているのかを理解しなくてはなりません。店舗の場合であれば、実際にお客さまや取引先を目の前にしますからステークホルダーの想定は比較的に容易です。しかしインターネットでつながっている先のお客さまはどうでしょうか。

ウェブサイト提供者(サイトオーナー)は本当にその実像を理解しているのでしょうか。 このセッションでは、アートディレクター、テクニカルディレクター、インフォメーションアーキテクト、プロデューサーの経験を持つ森川が、サイト構築を調査・分析・設計・実装という4つのフェーズで解説を行います。

とりわけ「誰に見てもらうか、誰に使ってもらうか」という、最も重要な部分を実際の利用者の観察から見つけ出す「ユーザーテスト」に着目して詳しく解説を行います。

自治体サイトに役立つIA視点

写真:坂本 貴史ウェブサイト構築・運営の現場では、「IA」「情報アーキテクチャ」という言葉に関心が高まっています。しかし、実際何をどう考え、どうアウトプットすることが情報アーキテクチャ上の理論に沿っていることなのか、それがサイト自体や業務プロセスの改善・向上にいかに貢献しうるのか、"現場での活用"という意味では今一歩踏み出しきれていないのが現状ではないでしょうか。

このセッションでは、インフォメーションアーキテクトとして数多くのウェブサイト構築プロジェクトへの参画経験を持つ坂本貴史氏が、情報アーキテクチャについて体系的にご紹介いただくとともに、特に幅広い層をターゲットにしなくてはならない「自治体サイト」にフォーカスをあて、「情報アーキテクチャ」の概念やアプローチ方法の他、県内の自治体サイトをいくつかピックアップして実際のサイト改善のポイントをご紹介します。

サイトオーナーが片手間で実践できる効果測定と改善メソッド

写真:清水 誠それぞれの商用サイトは、企業の規模に関係なく達成すべき目標を持って公開されています。ウェブサイト提供者(サイトオーナー)が目標を達成するには、サイトへの集客(検索エンジンで表示されるための最適化)も重要ですが、目的を持ってサイトを訪問した利用者を適切に情報に導くことも重要になります。

そのためには、訪問する利用者の特性や指向などを、しっかり理解した上でのサイトの設計・構築が必要になることは言うまでもありません。そして利用状況を把握した上で、継続的に改善を繰り返していく。これこそが「ウェブ最適化」の本質ではないでしょうか。

このセッションでは、サイト設計(IA・UI)、 実装(コーディング)、CMS、SEOなど数々の専門分野でのキャリアを持ち、さらに現在ではサイトオーナーの立場で、楽天グループにおける多種多様なサイト群の最適化を実践している清水誠氏が、これまでの経験と現在の立場を軸に、サイト最適化について解説を行います。

特に、今回は地域に目を向け、大企業の事例だけではなく中小企業や個人サイトでもすぐに実践できるノウハウを多く盛り込みます。

お申し込みフォーム

 開催概要

種別 講演
タイトル 「ウェブ会議 in 青森2010」
情報アーキテクチャ(IA)で実現する「ウェブサイト最適化」
開催主旨

地方におけるサイト提供者(サイトオーナー)を対象に、ウェブにおける情報提供の効率化(情報アーキテクチャ)について理解を深めてもらうことで情報の利活用を促進し、それによる地域の発展への寄与を図ります。

開催日時 2010年12月16日(木)14時00分-18時00分(開場13時30分)
会場 AUGA(アウガ) 青森市男女共同参画プラザ5F:AV多機能ホール
※JR青森駅より徒歩約4分
受講料
  • 前売券(一般):5,000円
  • 前売券(日本ウェブ協会 会員):2,000円
  • ※会員割引分は当日会場にて3,000円キャッシュバックします
  • 当日券(一般):7,000円
  • 当日券(日本ウェブ協会 会員):3,000円
  • ※会員割引分は当日会場にて4,000円キャッシュバックします
  • 懇親会:4,000円(懇親会だけのご参加はご遠慮ください)
お申込

受講料、懇親会ともに、事前申込となります(定員になり次第締め切ります)

お申し込みフォーム

※お申し込みが集中した場合は、ご請求書の発行及びご連絡が翌日となる場合がございます。予めご了承いただきたくお願い申し上げます

募集定員 100人
対象 企業経営者、企業のウェブ担当者、ウェブ制作者
主催 特定非営利活動法人 日本ウェブ協会
後援
  • 総務省 東北総合通信局
  • 経済産業省 東北経済産業局
  • 青森県
  • 青森市
  • 青森商工会議所
  • 社団法人 青森県情報サービス産業協会
  • 青森県中小企業団体中央会
  • 特定非営利活動法人 ITCあおもり
協賛
協力
  • 株式会社アクアリング
  • 株式会社BAメガパワーズ
  • 有限会社ヘルツ
  • WDHA
  • webA

お申し込みフォーム

 

 

 


固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://wdha.jp/mt/mt-tb.cgi/64