トピックス

「WDHA meets Ruby勉強会」終了しました

Ruby勉強会のお誘いをうけ開催した「WDHA meets Ruby勉強会」が終了しました。

 

Ruby勉強会、WDHA、WebAといったコミュニティから26名の参加者がありました。

参加されたみなさん、おつかれさまでした。

第1部 Ruby on Rails 実況コーディング(古川勝也さん)

CalmTech 古川勝也さん

CalmTechの古川さんにより、郵便番号検索をライブコーディングで実装していきました。

ところどころ「おまじない」と表現されたコードが記述されていましたが、それでも圧倒的に少ないコーディングで検索システムが実装されていきました。 

 

 

 第2部 Railsなお仕事の実際と、Rails勉強会@東北を通して見えるもの(片平裕市さん)

P1100379.jpg

Rails勉強会@東北片平さんからは、ご自身が関わったRailsを使った案件のお話をうかがいました。

プラグラマとデザイナの協業について、その可能性と重要性について納得させられたお話でした。 

 

 

 第3部 ホームページの他言語化(伊藤勝良さん)

P1100402.jpg

伊藤ソフトデザインの伊藤さんから、ホームページの多言語化をRailsで実装するポイントをお話いただきました。

ご自身がiPhoneアプリを開発されたことから、そのサポートページ作成のため多言語化が必要となったとのこと。公開間近のiPhoneアプリにも注目です。

 

 

P1100361.jpg

今回は県内の勉強会・コミュニティの合同開催といった形になりましたが、片平さんから「東北勉強会サミット」といったネタも飛び出しました。コミュニティの繋がりが広がっていければ面白いですね。

 

 

 

写真:小坂光輝(studio md

スタッフ (2009年3月23日 02:25) | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://wdha.jp/mt/mt-tb.cgi/39